保安教育用DVD「高圧ガス容器の設置場所と温度上昇」

 容器は常に40℃以下に保つことが求められています。

夏の暑い日にはどのように管理したらよいのでしょうか?

 液化炭酸ガス、フルオロカーボン容器を直射日光、シート掛け、よしず掛け、車中の置き場で温度上昇挙動を調査し、よしず掛けの効果を確認しました。

 また容器安全弁の作動の様子や危険性を実感して頂くことは必ずや保安意識高揚に役立つものと確信致しますので社内研修に是非ご利用ください。


高圧ガス容器の設置場所と温度上昇DVD 購入申込書(PDF)



高圧ガス容器の設置場所と温度上昇サンプル動画



Mac OS X,iOSはこちら